NEWS

加藤典洋さん、橋本治さんを追悼する。

2019年、ことしのうちに、、と思ってはいましたが、大晦日になっても忙しい。
片付かないばかりで、とてもまっとうな文章など書けません。とりあえず走り書き。

私が書店に行って、文学者の新刊を自動的に買う。表紙をめくりもせず黙ってレジまで持っていける、
そんな著者はもうひとりもいなくなりました。(あ、渡辺京二さんは別)30年以上おふたりの文業に親しんできましたから。。
ビートルズファンがジョンとポールに同時に死なれたようなものです。例えようがない、この喪失感は。

今年は自分の人生で一番仕事をこなせた年、でもあるのでなおさら。。
いつかこの文章は書き改めたい、2月半ば、暇ができたら。。

2019年12月31日22:22